お金借りる

お金借りるなら下調べはしておきましょう

MENU
RSS

お金を借りる時の窓口の対応とイメージ

消費者金融と聞くとサングラスをかけたチンピラ風のお兄さんが「借りたものはしっかり返せよ!」という感じで迫ってくるイメージが強くて、
さわやかなテレビCMとは、全くの正反対だと思い、かなりハードルが高かったのですが、長引く不況に貯蓄を使い果たし止むに止まれず
窓口へ向かいました。
店内は明るくてきれいで、大手の銀行と変わらない感じでしたし、窓口にいた女性も大変ソフトに、そして、にこやかに話しかけてくださいました。

 

ましてや、隣では機械だけしかないスペースで、お金を借りる時の審査も受けられるようでしたのでびっくりしました。
何年も持っていた怖いイメージは一気に吹き飛び安心して相談をすることができました。
正直言って消費者金融に審査があるなんて思っていなかったんです。
誰にでも簡単にお金を貸してくれる代わりに怖いお兄さんが取り立てに来るんだと思いこんでいたのです。
消費者金融に貸し出し審査があると知って、逆に安心しました。
提出する書類も、銀行などで、住宅ローンを組む時と同じですし、限度額も設定されていましたので、随分勝手な
イメージを膨らませていたのだと反省しました。テレビや漫画の見過ぎなんでしょうか?
今考えると恥ずかしいです。私は無事にお金を借りることができ、毎月まじめに返済しています。
もちろん、余裕のあるときには多めに返済することも忘れません。どうしてもその時に必要なお金ってあるんですよね。
あの時勇気を出して、窓口に行って本当によかったです。

 

貸出枠は元気なうちに確保しよう

 

消費者金融でお金を借りたい時というのは、お金に困ったときに他なりません。
親族から借りたら利子はかからないし、会社にも低利の貸出制度はあります。
しかし、個人の事情を周囲に知られるのは避けたいものです。
もちろん、誰もが利用している住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどならそれほど恥ずかしくはないのですが、
生活費が足りないとか、遊興にお金を使いすぎて借り過ぎてしまった等の場合、同居の家族にも知られたくはないものです。
私の場合は病気で2年間会社を休んだことがあります。
その時は、給料などもほとんど出なくなり、籍だけ会社においてもらうような形でした。

 

その日の生活にも困るようになり、お金を消費者金融から借りたいと思い、そこで初めて審査を申し込む形になりました。

 

さすがに、こういう状態で会社にも行けない、さらに収入が入る予定はない、病気の治る見込みも立たないのでは
普段は甘いと言われる審査も通らないものです。一番お金が欲しい時にお金を借りられないので本当に困りました。
幸い2年ほどして病気は治り会社にも復帰できました。
いつ病気が再発するか怖かったので改めて消費者金融に申し込みをして、お金を借りられるようになりました。
しかし、このときは、それほどお金が必要という状況ではなくなったのです。
お金が一番必要なときに、借りる先をそれから探し始めるとしたら手遅れです。
元気なうちにできるだけ貸してくれる先を見つけ、枠だけを確保しておくのが大切と思います。

 

PR
お金借りる消費者金融
http://xn--t8j0gd8443atw2e.nara.jp/mukashi.html